ハワイウェディングで人気のある東海岸ワイマナロビーチ撮影が禁止に

20220522-ワイマナロビーチ-004

ハワイウェディングで人気のある東海岸ワイマナロビーチ撮影が禁止に

ワイマナロビーチでの撮影が2022年4月5日に署名されたBill38という法案により禁止になってしまいました、もうに知っているよという方も多いかと思いましたが、あまり詳しい情報が無いような気がしたので、私なりに詳しく調べてみました。

ワイマナロビーチは2000年代はまだまだマイナーなビーチで人も少なく、駐車場は空いていて車上荒らしがよく起こる場所で、ハワイに長くいる人はワイマナロと聞くとあまりいい顔しない感じです。

ワイマナロビーチでのウェディング撮影が増えたのはいつ頃でしょうか?2015年に発表されたDr.Beachで1位になって知名度が上がった頃ではないかと思います。コロナ前まではウェディングの撮影でシーズンだと1日に何十組も撮影される人気ロケーションになり、サンクスギビングデーは車も駐車できないほどの人が押し寄せるようになりました。

ワイマナロビーチの商業活動を禁止するBill38法案とは?

撮影禁止の根拠となるものはホノルル市議会に提出されたBill38という法案です。(ハワイ州政府のリンクで内容確認できます)

20220522-マカプウポイント-001マカプウポイントからラビットアイランドとマカプウビーチパーク

このBill38法案はマカプウ(シーライフパークやセントカタリナシーサイドチャペルのある辺り)からワイマナロベイビーチまでの東海岸にあるビーチパークでの結婚式、写真撮影、オプショナルツアーなどの商業活動を禁止。また写真撮影に関して言えば結婚式、家族写真、マタニティ撮影、卒業写真、エンゲージメント、小売用商品撮影も含めた商業目的の撮影は禁止とのことで2022年4月5日にホノルル市長Rick Blangiardiにより署名され即時発効されますので、もう商業活動での立ち入りは出来ないということになります。

この法案は地元住民により推進され企業などの商業活動からビーチパークを取り戻すことを目的としているようです。

この辺は日本の観光地でも観光客をよく思わない地元の方の感情は少なからず理解できるのではないでしょうか?

マカプウビーチからワイマナロビーチははどの辺り?

カイルアビーチやラニカイビーチを含む東海岸全域が商業活動禁止に

マカプウビーチからワイマナロビーチまでを禁止したことで、2012年に発効されたカイルアエリアの商業活動禁止を含めると、東海岸全域のマカプウポイントからキャッスルポイントまでの全てのビーチパークでの商業活動が禁止されたということになります。ただし、例外があるようで、

  • テレビ番組や映画製作は免除されることと、
  • Department of Land and Natural Resources DLNRが州の海岸線でのビーチウェディングやバウリニューアルを希望する場合に「Wiki Permit」発行することが可能だそうです。

でも、ホノルル市長はDLNRとDepartment of Parks and Recreationに規制するように求めているとのこと。

少なからずグレーゾーンを残しつつ法案を施行するようですが、DLNRは無許可のグループを見かけたら通報するように市民に呼びかけているので無許可の違反者がいればDLNRのパーミットも禁止になってしまうかもしれません。

ビーチフォトは今後はどうなる?

DLNRのWiki Permitの許可内容が分からないのですがワイマナロでビーチウェディングはできるかもしれませんが、日本人向けのハワイウェディング業界は地元感情を刺激しないように活動禁止にする流れではないでしょうか。

またハワイにいるウェディング業界関係者は周知徹底されると思うので問題ないと思うのですが時々いる日本から来る出張フォトグラファーの情報収集不足により撮影現場で問題が深刻になる可能性もあるでしょう。問題が発生しアメリカで裁判になった場合、関係した人々は知らなかったでは済まされないこともあるので、ハワイで結婚式やフォトツアーを行うカップル様も個人に依頼される場合は事故などのトラブル対応において問題が発生する可能性があることにご留意いただければと思います。

現状においてパーミットの量、ビーチの使用量を減らして継続すルことを提案する者もいるようですが現実的ではないように思われます、いったん施行された法案がひっくり返るようなことはあなりないと思われるので、代替ビーチを探したりする必要があるかもしれません。ワイマナロの代替ビーチとして西海岸エリアもいいかもれませんが治安が悪いというデメリットがあるので、ウェディングでのビーチフォトは消去法的にアラモアナビーチでの撮影となるかもしれません。

またハワイウェディング業界として資源や環境保護、新しいハワイツーリズムをハワイ州観光局が推進しているのでそれを踏まえた何かしらのアクションが必要になってるのではないでしょうか。アンプハワイも何か対応を考えていきたいと思います。

ニュース参照元

https://www.hawaiinewsnow.com/2022/04/06/honolulu-mayor-signs-bill-ban-commercial-activity-windward-oahu-parks/

https://www.hawaiinewsnow.com/2022/04/07/bill-38-is-now-law-enforcing-commercial-activities-ban-popular-parks-could-be-tough/

https://www.civilbeat.org/beat/honolulu-mayor-signs-measure-banning-businesses-from-windward-beaches/

 

最後にワイマナロベイビーチとマカプウポイントの写真を

ワイマナロビーチとマカプウポイントの写真を2022年5月22日撮ってきました、日曜日だったので駐車場はほぼ満車、ビーチも地元の人や観光客で賑わっていました。せっかくなのでご覧ください。ソニーのキットレンズ28-70mm/f4.5-5.6で何枚か撮影しましたが結構キレイ、安心してセットで購入しても問題ありません。それと多少フォーカシングの動作に何がありますが50mm/f1.8も安いし値段に大して画質は良いので、初めての単焦点レンズにおすすめです。

20220522-ワイマナロビーチ-001

20220522-ワイマナロビーチ-008

20220522-ラビットアイランド-001

20220522-ラビットアイランド-002

20220522-マカプウビーチ-002

20220522-マカプウビーチ-001

amp. HAWAII WEDDING PHOTOGRAPHY

masataka@amp-hawaii.com

スズキマサタカ | SUZUKI MASATAKA  ART OF MIDAS PHOTOGRAPHIC HAWAII CORP. 代表  Director 兼 Photographer.  東京下町出身。学生のころより、ウェディング業界に関わる。 2004年、ハワイの写真会社のCOO兼、ジェネラルマネージャーとして渡米。 2008年、アメリカ永住権取得。 2010年、会社経営や写真に関することなどを学んだ結果、諸事情のため退社&独立。